5人は豪族 / 蘇我氏(CD)

¥ 1,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 164円

    全国一律 164円

※3,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

メンバー紹介します。
Drums & Words|蘇我稲目 (現世名 松田徹a.k.a.matsuda matsuri)。欽明天皇32年3月1日(570年3月22日)没。大事にしていた仏像を勝手に捨てた物部尾輿と中臣鎌子への怒りを原動力に、現世にてPunk Band「蘇我氏」を招集。鹿の角ドラムスティックを手に復讐を誓う。
Guitar|蘇我入鹿(現世名 佐々木俊行)。皇極天皇4年(645年6月12日) 没。中大兄皇子と佐伯子麻呂にいきなり斬り付けられて死んだ時のショックを、現世にて泣きのギタープレイに昇華した強い魂の持ち主。
Bass|蘇我蝦夷(現世名 名原周治)。大化元年6月13日(645年7月11日)没。乙巳の変にて、入鹿の亡き骸を前に邸宅に火をかけて自害するという、ヘビーな経験が現世での蝦夷の重厚なベースラインを生み出す。
Vocal|蘇我馬子(現世名 和田真也)。推古天皇34年(626年)没。大事な仏像を物部守屋に勝手に海に捨てられた時の、悲しみのシャウトからボーカリストとしての才能が開花。同じく仏像を捨てられた経験がある稲目と意気投合し、Punk Band蘇我氏に参加。
Vocal|蘇我果安(現世名 片山充)。天武天皇元年7月2日(672年7月31日)没。壬申の乱にて、なぜか首を刺して自害した時の断末魔が、非常にキャッチーなメロディーラインだった事が稲目(松田徹)の目に留まり、スカウトされる。
以上。滅びたはずの豪族が現代に蘇ったバンド、蘇我氏。あの世からCDリリース!

illust by miroco machiko
label: anoyo records